歯がしみる原因について

こんにちは🌞今日は歯が染みるその原因と対策についてお話したいと思います。

歯が染みる原因は大きく分けて3つあります!

①むし歯

むし歯で染みる場合、痛みは一過性ではなく10秒以上続きます。また、冷たいもので必ずしみたり、甘いものでしみたり、黒い色をしていたり、穴があいていたりする場合は虫歯の可能性が高いです。

大きくなる前に治療したほうが良いのですぐに歯医者を受診しましょう!!

②知覚過敏

歯の表面を覆う白いエナメル質は、外部からの刺激を神経に伝達しません。しかし、エナメル質の下にある象牙質には表面に小さな穴が開いており、冷たいもの等の刺激を神経に伝達します。
つまり、何らかの原因で象牙質が露出すると冷たいもので歯がしみます。

歯磨きの力が強すぎたり、電動歯ブラシを使用している方だと歯茎が下がり象牙質が露出してる方が多くみられます。

③歯周病

歯周病が原因で冷たいものがしみる場合、痛みは一過性で、持続しません。また、冷たいものが触れても、時々しみる程度です。

その他に、歯肉が腫れている、歯磨きすると歯ブラシに血がつく、歯がグラグラしているなどの症状や状態があれば歯周病が原因の可能性が高いです。

 

どうゆう理由で歯がしみているのか、正しいブラッシングを身につけるためにも、一度歯医者を受診するといいかもしれませんね(^^♪